【お知らせ】Kindle系の記事増量中です!

Youtube・Spotifyのスリープタイマー設定【iPhone用】

今回はYoutube・Spotifyなどのアプリで使えるスリープタイマーの設定方法をご紹介します。

  • YouTubeで動画を見ながら寝たら朝まで再生され続けていた。
  • Spotifyで音楽を聞きながら寝たら、夜中に音楽で目が覚めてしまった。

そんなあなたにはスリープ(おやすみ)タイマーの設定がおすすめです。

スリープタイマーの設定方法はいたって簡単。iPhoneに元からインストールされている「時計」アプリを使うことでYoutubeやSpotifyの再生中にスリープタイマーを設定することができます。

MEMO

Youtube・Spotifyのアプリ自体にはスリープタイマー機能がありません。今回ご紹介する時計アプリでの設定方法が唯一の方法です。

iPhoneの時計アプリでスリープタイマーを設定する

それでは実際の設定方法についてご紹介していきます。

スリープタイマーはiPhoneの時計アプリから次の手順で設定します。

  1. 下部にあるメニューから「タイマー」をタップ
  2. 動画・音楽を止めたい時間を設定
  3. タイマー終了時の動作から「再生停止」を選択
  4. 「開始」をタップ

それでは詳細に説明していきます。

1. 下部にあるメニューから「タイマー」をタップ

「時計」アプリの下部メニューの中から、一番右の「タイマー」メニューをタップしましょう。

2. 動画・音楽を止めたい時間を設定

Youtubeの動画やSpotifyの音楽再生をストップさせたい時間を設定します。

Point

あまり長くても睡眠の邪魔になってしまうので1時間程度を目安に設定するのがおすすめです。

3. タイマー終了時の動作から「再生停止」を選択

「タイマー終了時」というメニューをタップすると次のような画面が表示されます。

一番下までスクロールし「再生停止」を選択してから右上の「設定」をタップしましょう。

 

4. 「開始」をタップ

最後に「開始」ボタンをタップしましょう。

次のような画面が表示されたら設定完了です。

設定した時間後になると自動的にYoutubeやSpotifyの再生が停止されます。

このスリープタイマー設定は他のアプリにも応用可能

今回はYouTube・Spotifyでスリープタイマーを設定する方法をご紹介しました。

お気づきの方もいるかと思いますが、ご紹介したスリープタイマーの設定方法はYouTube・Spotify以外のアプリにも応用可能です。

かゆいところに手が届く便利な機能なのでぜひ色々なアプリで使ってみてください!

たまには本を聴きながら寝るのはいかがですか?

私は最近、本を聞きながら寝るのにハマっています。Amazonのaudibleというアプリを試しに使い始めたところ、なかなか心地よく眠れます。

30日間の無料体験ができるので興味のある方は試してみるのをおすすめします。

MEMO

ちなみにaudibleでは、アプリ内でスリープタイマーの設定が可能です。


ここまで読んでいただきありがとうございました!ウヤルームでは他にもiPhoneに関連した記事を書いています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

また、ウヤルームでは「音質の向上方法」や「おすすめプラン」などSpotifyの活用法も紹介しています。ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です