【お知らせ】Kindle系の記事増量中です!

LINE Botでゴミ出し通知システムつくってみた

こんにちは、ウヤルームのうや(@uyaroom)です!
今回は技術ネタです。

引っ越したら、何曜日が何のゴミの日かわからなくなってしまったので
朝になったら今日は何のゴミの日か教えてくれるLINE Botをつくりました。

LINE Botのアカウント取得はめちゃ簡単

LINE Developersにサインインして、
(LINEアカウント持ってたら一瞬でできました)

  1. プロバイダーの作成
  2. Messaging APIのチャネルの作成

と進んでいくだけです。

Botのアイコンや、Botの名前を入力していき、
Messaging APIのチャネルの作成まで完了すると、
LINE Botのアカウントが作成され、そのQRコードが表示され友達追加が可能となります。

バックエンドの構成

今回バックエンドはAWSで構成しました。

LINE botを通して、メッセージを送るだけなので
Cloud watchで定時にLambdaを実行し、LambdaからLINEのAPIを叩いています。

ソースはこんな感じです。

参考:LINE Messaging APIリファレンス

おわりに

これでゴミ出しを忘れない!はず…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です