【お知らせ】Kindle系の記事増量中です!

「自分を操る超集中力」から生活に取り入れたいこと

こんにちは、ウヤルームのうや(@uyaroom)です!
結果、スピード、時間…すべてが手に入る。」そんなキャッチコピーに惹かれて読みました。
今回はメンタリストDaiGoさん著「自分を操る超集中力」を受けて、生活に取り入れようと思ったことをまとめます。

超集中力を得るためにウヤルームで試す3つのこと

今回、DaiGoさんのような超集中力を得るために、次の3つを生活に取り入れようと思います。

  • 正しい姿勢を意識する
  • 目をしっかり休める
  • 余白の時間を作る

正しい姿勢を意識する

まず、私が「なるほど」と感じたのが、集中力には上限があるということ。
本書ではこの上限を「ウィルパワー」と呼んでいます。
このウィルパワーが無くなってしまうと、どう頑張っても集中することができなくなります。

例えるなら、RPGなどのゲームで魔法が使える上限を表すMPのようなものです。

「なぜか今日は頑張れない、集中できない」そんな経験が皆さんにもあると思います。
それは、ウィルパワーが0になってしまっているのかもしれません。

ウィルパワーは次のことで消耗していきます。

  • 何かをやる
  • 何かをやらない
  • 何かを望む

このように、ウィルパワーは小さな意思決定で消耗していくのです。

つまり、集中力を高めるためには、ウィルパワーの節約ウィルパワーの上限を増やすことが鍵になります。

ウィルパワーの節約のためには、余計な選択を増やさないことが必要です。
ウヤルームでは、アプリの断捨離や部屋の断捨離を進めているので今回は上限を増やすことに取り組みたいと思います。 iPhoneアプリを断捨離したら生産性が上がった

ウィルパワーの上限を増やす1つの方法として、「姿勢に気をつける」というものが本書で紹介されていました。
無意識にしているとついつい姿勢はくずれてしまいますが、その姿勢を正すことでウィルパワーが鍛えられていくようです。

正しい姿勢が血液の流れなどを考えると一番合理的な姿勢ということもあるので気をつけていきたいですね。

目をしっかり休める

脳から出ている末梢神経である脳神経は12種類あります。そのうち4分の1に当たる3つの神経、三叉神経、視神経、動眼神経が目につながっていて、とくに視神経と動眼神経は他の器官を経由せず、ダイレクトに脳と連結されています。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Kindle の位置No.1590-1592). . Kindle 版.

 

疲れによる目の機能の低下を適宜、回復させることができれば、それだけ集中力を持続させられるということ。つまり、集中力をキュアさせるうえで、目の疲れを解消することは、非常に効果的なのです。

メンタリストDaiGo. 自分を操る超集中力 (Kindle の位置No.1606-1608). . Kindle 版.

ウヤルームでもホットアイマスクや、目薬、目のストレッチをして、目をしっかり休めて行きたいと思います。

 

余白の時間を作る

毎日キツキツに計画を立てて、失敗。
次の日からもう嫌になってしまった経験ありませんか?

そんなときに有効なのが、「余白の時間を作るということ

例えば、「毎日ブログを1記事更新する」という計画を「1週間でブログを7記事更新する」に変えることで、
「今日は更新できなかったけど明日2記事書けばいいや」というように気持ちを切り替えやすくなります。

ウヤルームでもこの作戦で計画を立てていきたいと思います。

効果がでるのをお楽しみに

今回ご紹介した超集中力を得るための3つの方法を実際に試してみます。
効果がでたらご報告するのでお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です