【ふらっと海へ#002】馬の背を越えた先にあった鳥取砂丘海岸は空・海・砂のコントラストが美しい

はじめに

こんにちは、うやです。

ふらっと海へ行くのが趣味の私が、訪れた海を紹介する「ふらっと海へ」シリーズ2回目です。

今回は鳥取砂丘にある「鳥取砂丘海岸」についてご紹介します!

 

#同じく山陰地方にある「稲佐の浜」の紹介記事はこちらからどうぞ。

【ふらっと海へ#001】弁天島がそびえ立つ稲佐の浜は荘厳な海スポットだった

鳥取砂丘の馬の背を越えて海へ

今回、ご紹介する「鳥取砂丘海岸」は鳥取砂丘に隣接する海岸です。

鳥取砂丘の入り口から入っていくと、このような光景が見えてきます。

この壁のようにそびえ立つ砂の丘が通称、「馬の背」と呼ばれているスポットになります。

鳥取砂丘海岸はこの馬の背を越えた先にあります。

最大傾斜32°、標高47m(ビルの15階に相当するようです)の馬の背を登っていきます。

ふらっと海へ行くために、過酷な道のりを歩む。。

馬の背を越えた先には雄大な日本海が広がっている

馬の背を登り切ると、水平線が一望できます。美しい。

馬の背を登って息を切らしているのもあり、何も考えず、ぼーっと海を見ます。それが良い。

空・海・砂の美しいコントラストを見ながら、海岸から砂丘に吹き抜ける風を受けます。

自然の雄大さを感じ、立ち尽くしてしまいます。

砂浜にはしっかりとした風紋がついています。

これは鳥取砂丘海岸ならではの景色ではないでしょうか。

おわりに

アクセスについて紹介します。

鳥取駅から鳥取砂丘までは車で20〜30分、バスも出ています。

鳥取砂丘から鳥取砂丘海岸までは馬の背アタックを含め、歩いて約20分です。

鳥取砂丘に訪れた際は、馬の背を越えて鳥取砂丘海岸まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

#馬の背を越えて海へ来たので、帰るときも馬の背を越える必要があります。泣きそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です